2020年5月22日金曜日

最近のこと


コロナがあったりで、なんとなくひっそりしている日々。でも子どもは動いていてどんどん成長してる。その様子に出来るだけ関わりたいなーと思っているところです。

2人になったらお弁当もそれぞれに。でも下の子はとっても食べるので、お兄ちゃんより大きなサイズ。小さく切って入れてはあるけど量はけっこうあります。

歯磨きも出来るようになったり、掴んでたべるれるようになったと思ったらスプーンで食べ出したり、変化が1人目より早い気が。。。

あっという間に大きくなりそうです。


2020年1月20日月曜日

新年(1月20日)

新しい年になって、今年はどうしようってことが何も浮かばなくて。去年がしんどかったけど楽しかったので、もうこれ以上ないっ、と思ってしまっていて、ちょっと悶々と過ごしていました。
そうしながらも日々動いていて、やっている事に何を意識してやっているか、をふと考えてみると、「循環」。去年は家がテーマだったこともあり、少しづつ片付けをしていて、ここにあったものをここで使う、とかを意識的にやってみてました。2回の物置にあったスチールラックを塗って仕事場に持っていったり。
その後、大事にしていた古い黒塗りのお膳をギャラリーきたやさんにあげたり、引き出しを吾郷屋さんにあげたり。そしておととい、古い大正タンスを山猫庵さんにあげたりと、なんとか捨てずに有効活用してもらえる先を考えて渡しにいってました。
捨てることは簡単だけど、適材適所すれば輝いてくれるはず!。
それは、ものとかだけでなく、きっと人の繋がりや出来事も同じではないかと考えるので、今年は出来るだけそこをクリエイティブに考えて、楽しむことを目標としました。
循環させる、選ぶなら循環に繋がるやり方、それが今年のテーマです。
届けた大正タンス。嫁ぎ先のおばあさんのもの。
ギフトセットを頼まれてつくってみました。この柿渋の箱、久々に使ったのだけどギフトボックスとして作ってもらったのがもう10年も前。なのに全く傷んでいなくて強い。やっぱここの箱だわ、と再確認しました。紙箱、高くてもしっかりしたものが絶対いい。

2019年12月19日木曜日

ツバメが動いた(12月19日)

今年やりたかったことの一つ、よしをプールに入れること。三歳になったらなにか習い事を、と思っていて、プールへ。
私達が海がすきなのと、何かあった時
、例えば水害とかから身を守るためにもまず泳げなきゃ!と話し合いプールへ。
でも嫌だ嫌だの日々もあり、やっと昨日のプールは全開に笑顔で、もう大丈夫というかんじになってきた。お友達のいるクラスに変えたことも大きいようで、やっぱり子供同士の力で私に越えられない壁も超えていってくれる。
それからやりたかったことにあった「ツバメポートを、なんとかする」


よしがうまれるタイミングで借りたテナントを1通り使えるように整えてきたけど、これからどうするのか色々考えるところもあった今年。でもこの日曜日に古道具のマーケットとスープを私の器を使って出してもらって、とても居心地のよい空間、人の輪ができたので、なんだか「なんとかなった!」と思えた。
11月に棚や壁を作ってくれる強力な助っ人が現れて見違えるように良くなって、アイスランドイベントからの人のつながりや、何年越しの再会や、モノの動きもあって。来るべき時になるようになった、という感じだった。
来年が楽しみになる今月でした。12月もあと少し。今年のテーマ「home」、を整えるベくもう少し頑張ります!

2019年11月18日月曜日

直島旅(10月25日)

直島に何年ぶりかに行ってきました。よしと2人。二日前におばあちゃんのお葬式もあり、直前まで行くか行かないか迷っていましたが。
でも、宿も予約してて、一緒に泊まるのは尊敬するファッションの先生。いかないわけにはいかないーっと決心。
よしくんにも早起きを言い聞かせリュックに色々詰めて。
やくもにのって岡山、そして乗り換えて宇野行。既に電車は外人だらけ。よしの隣に座っていたのはアムステルダムからやって来た女子。京都素晴らしー!となっている人。日本の食事、色んなかたちでちょこちょこお膳に乗っててすてきーとの事でした。よしはなぜかその方からキーホルダーもらいご機嫌。
途中の駅のホームでアイスランドの人々と遭遇!一気に大人数での移動になってそこから直島まで一緒。直島でランチしつつ島根入りしてからのスケジュール確認。色々喋りながら家プロジェクト見て回りました。
夕方、「愛❤湯」へ。よしくんも大喜びでお風呂。一緒に行った先生もお湯が良かったようで長風呂でした。よしは落ち着きなく、下駄箱ガチャガチャして出たり入ったりでしたが、番台のおじさん優しく、よしくんは楽しんでました。
朝食で一緒になったオーストラリアからの女性とおしゃべりしてたらカレンダーを貰いました。アニマルレスキューをしている方で、動物カレンダーをよしにとくれました。
町をちょっと歩いてまたフェリーに乗って岡山へ。夕方にはまつえにかえりました。
色々悩んでましたが、とにかく気が晴れた、それはいろんな人が行き交う直島だから。いつでも誰とでも友達になれそうな雰囲気がある。気軽にまたふらりと特別な人と行きたい場所です。

2019年7月18日木曜日

瀬戸内の旅

今月は電車にはまってます。はじめの方では奥出雲トロッコ列車に。ゆるやかなジェットコースター気分で楽しかったです。
そして今日はよしくん1歳の頃からの念願のアンパンマン列車に乗る旅。
目的は高松市美術館での宮永愛子展。
ほんの数日前にこの展覧会がはじまってしばらくは高松いるよーと連絡もらって行くことに。
アイコさんの作品はどんどん進化していて、あちこちのいろんな人との共同作業が広がっていく感じがします。それも愛子さんの人柄だからこそ出来ることなんだと思います。
と、しみじみ見る時間はあまりなく、よしがダッシュしたりするのでヒヤヒヤでした。、もちろん監視のおばちゃんにも注意されるしで、なかなかしっかり作品と向き合えませんが。でも、こどもでも触ってみたい!と思ったり、息を潜めてガラスに閉じ込められた舟を見入ったりする様子はなかなかと新鮮でした。


そして、発見。!あんぱんまん電車、高知に行くのねー!ということで、次回はぜひ高知まで乗ってみたい。

2019年6月19日水曜日

おさらの納品

しばらくかかりっきりだったのは、11寸の丸皿。お祝いに届けたくって作ってました。が、なんと素焼きで大失態を。窯のセットを間違えてしまったのでした。
こんな失敗するなんてー。我ながらびっくり。
落ち込みまくり、励ましに焼肉に連れてってもらって気分を入れ替えてなんとか修正。
出来上がりは最高ではなかったけどなんとか出来上がりました。
無事に届け、大きな法要の台所仕事をお手伝いして帰りました。
鷺浦だったのですが、やはり秘境でした。近隣のお宅にも入らせてもらったのですが、海の家って独特です。神棚が大きい!

六月と言えば、笹巻きのシーズン。今年はよしくんも参戦。しっかりエプロンしてお手伝いできました。

2019年5月21日火曜日

5月のこと

仕事場の大工仕事をするのが、今年の目標ーと思っていたら、強力な助っ人が現れました。ので、こんな棚を作ってもらいましたー。仕事場が狭いため、皿がたくさん置けないという私の悩みを解決。
更に雨樋が外れてたのを直してくれたり、屋根が朽ちてたのを直してくれたりと色々気になるとこを直してくれたのでした。感謝。人に頼るのもありだなぁ。。。ちょっとずつ、進化していく感じもよいです。
五月ははるも3ヶ月になり、お食い初めあったり、よしくんはプールの体験や初めての図書館などいろいろ経験しました。
私の仕事の方は目下大きいお皿を制作中。これは鷺浦の、とあるお寺に新しい住職さんか入られる記念の式が六月にあり、そこになにかお祝いに持っていきたくて、記念になるような大きなお皿を制作中。
その式にはイタリア人のお坊さんが招かれて、式もイタリア語でやるそうな、と、ちょっと見たことない式になりそうで楽しみなのです。お坊さんたちの前夜祭も出雲の某老舗ショットバーのマスターが仕切るそうでお酒も料理も楽しみな感じ。珍しい記念すべき場面に使ってもらいたいなーと思い、なんとか挑戦中。早朝やはるが寝た時を見計らっての作業です。
 作ってもらった棚。10枚はお皿がいれれる。
 初めての図書館。本を借りてジュースで一息
轆轤がしばらくできなかったので、久々の鋳込みでの制作。コーヒーカップができる予定。頼まれものの試作品